St.James Infirmary

​『An Evening with Fred Astaire』(1958年)より

計4作品が放映された、フレッド・アステアのTVショウの一作品目からのナンバー(ダンスは3:00位からです)。

タップダンスではありませんが、随所に見られる脚さばきや、そして振り付けそのものも、タップの要素を体得していればこそのものだと感じます。

私は、この大好きな音楽と振り付けを参考に『Punch Drunk』という作品を仕上げました。