Since They Turned 'Loch Lomond' into Swing

『気儘時代』(1938年)より

私が多感な高校三年生の頃、テレビの深夜映画で偶然 当たったフレッド・アステア特集。

初めて観たアステア作品がこの『気儘時代』で、その中の最初のミュージカルナンバーがこの曲…つまり、私にとっての「アステア初体験」がこの映像です。

私の師、加藤邦保先生は演出の際に「タップの舞台でタップを見せるな」という指導をします。「自分が昔、映画で初めてタップダンスを目にした時、それがタップだなんて意識しなかった。とにかく楽しくて笑顔になってしまった。あとから思い返してみて気づいた、ああ、あれはタップだったんだと」というわけです。

​私にとって、まさに同じ衝撃だったのです。タップを習い始めようと思ったきっかけとなった一本。