やってみないとわからない


浅はかであったり、思慮が足りないといのも、もうこの歳まで続けてきたのだから、そう簡単には治らないのだと思います。 「やってみないとわからない」と云えば少しカッコイイ感じもしますが、僕の場合「失敗しないとわからない」「一度ヤラかさないと学習しない」というのが実際のところで。 具体例を挙げるとキリがないし、お恥ずかしい事柄も多いので、最近のことをひとつ思い返せば・・・

今年4月1日(忘れもしないエイプリルフール!)に、舞台に向けてのリハーサル中にヤラかしてしまった、人生初のギックリ腰。

事の顛末は省略、多くの方に迷惑をかけつつ助けられながら乗り切りましたが、「怪我をさせない・しない」という大前提への意識をおろそかにしてしまった結果です。

・・・と殊勝に反省しつつも、2つの実感がこれには伴います。

①事前にちょっとした予感がある。

②「良い」タイミングである。

①は、生活リズム・感情パターンが良くないんだよなぁ、などと薄っすら自覚している記憶があるのです。あとから振り返ったときに。

②については、ポジティブ馬鹿が過ぎるかもしれませんが「ヤラかしてしまったが、そこから学ぶには良いタイミング」なことが多いな、と。

無理矢理まとめるなら、①をやり過ごさず留意し、②で学んだことを忘れない。。。これが改善への道となるのでしょうか。

しかし、です。

気をつけてヤラかさなかったら、学習しないのでは、という気もする。

「やってみないとわからない」という表題に戻り、無限ループを繰り返す・・・。

タグ:

特集記事